Adoc

デジタルマーケティングに必要な情報と考え方、大阪のグルメ情報をご紹介しています。

AIDMAとAISAS(アイドマとアイサス)とは?意味と考え方

calendar

AIDMAとAISASとは、マーケティングに詳しくない方でも聞いたことがあるくらい有名なマーケティング用語です。
消費者が商品を初めて知り、購入するまでの段階を示したもので、AIDMAはインターネットが広まる以前、AISASはインターネットが広まった以後の消費者の行動を表しています。
今回は類似語も含めてご紹介していきます。

消費者の行動プロセス

消費者の行動ステップは、認知、感情、行動の3ステップに分かれます。
AIDMAとAISASはそれぞれのステップの頭文字をとってつけられたモデルです。

aisas

AIDMA

AIDMAとは、「Attention(認知)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の5つのステップに整理し、その頭文字をとったものです。
1920年代にアメリカのサミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱されました。
消費者が情報を取り入れるのは、4大マス(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)や友人・知人からのクチコミが一般的だったため、消費者が得ることのできる情報は限定的で、購入にいたるまでの時間(サイクル)は長かった時代です。
企業側の広告手法も、4大マス(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)への広告または商圏でのポスティング、張り紙などを考えていれば、それなりの反響があったかと思われます。

AISAS

AISASとは、「Attention(認知)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Action(行動)」「Shere(共有)」の5つのステップに整理し、その頭文字をとったものです。
1995年に大手広告代理店・電通によって提唱されたモデルで、2005年に同社の商標として登録されています。

AIDMAとの違い

aisas2

AIDMAからだと、「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」の部分が「Search(検索)」に変わり、「Action(行動)」の後に「Shere(共有)」が追加されています。
最も大きな違いは、消費者の感情段階の時間が短くなり、行動段階の行為が増えたことです。

インターネットの登場によって、消費者は膨大な情報を容易に得ることができるようになりました。
情報取得の敷居が下がったので、消費者は能動的に情報を取り、またSNSが広がったことによってShere(共有)による発信も容易になっています。

情報番組を見ていて気になった商品があればスマホでネットショッピング、商品が届くとSNSにアップ、使用感をクチコミサイトに書き込み、と消費者の行動が能動的かつ購入にいたるまでの時間(サイクル)は短い時代になっています。
企業側の広告手法は、従来の4大マス(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)に加えて、「検索」への対策をしなければならなくなりました。
広告と連動したWebサイト(キャンペーンサイト)の構築は勿論、SNSでのキャンペーン、レビューサイトへの対策、ネットメディアへのプレスリリースなど。
また、以前は出稿した後には反響を見るだけで良かったものの、インターネットの世界では、炎上した場合に対応しなければならないなど気を抜く暇がありません。

AICEAS

似たような用語にAISCEAS(アイセアスまたはアイシーズ)と呼ばれるものがあります。
2005年5月の広告雑誌の中でアンヴィコミュニケーションズの望野氏が提唱したモデルで、個人的にはAISASを詳しく説明してくれているこのモデルが最もしっくりきます。

それぞれの頭文字の意味と流れは下記になります。

Attention(注意
広告やメディアで商品・サービスへの注意をひかれる
Interest(関心
興味・関心を持つ様になる
Search(検索
インターネット等でキーワードを検索
Comparison(比較
検索して出てきた様々なサイトで情報収集・様々な面から比較
Examination(検討
商品・サービスが決まった後も、どう買えば得になるかなどを検討する
Action(購買
商品・サービスを購買
Share(共有
購買した製品の感想や他者との共有を行う

検索した後に消費者が何をしているのかを説明したものです。
この理論を元に考えるならば、Comparison(比較)、Examination(検討)の部分で、十分な情報と信頼感を得る事ができれば購買・そして共有することで宣伝までしてくれることになります。
そのため、生産者側としては、競合に負けないようなWebサイトの準備(十分な情報とメリットなど)やネットメディアへの対応を心掛けなければなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。環境(インターネットの普及)が変わったことで消費者の行動と購買決定へのサイクルは早くなりました。
そのため、私たちは消費者が検索し、比較・検討する際に材料となるようなWebサイトと十分な情報を準備する必要があります。
きちんと準備してユーザーからのActionを勝ち取りましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
最終更新日: