UXとは?言葉の意味とビジネスに活かす方法

UXという言葉は、Web業界のみならずビジネスにおいて注目されているワードです。
また、UXと同様によく出てくるUIという言葉の意味とUXとの違いについてと自分のビジネスにどうやって活かせば良いのかご紹介していきます。

UI/UXの定義

UXとはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称で、「人が物やサービスを通じて得られる(た)体験」という意味です。
また、商品・サービスを購入するまで購入する際、使用した際、使用後など様々なシーンで抱いた感情すべてを含みます。

UIとはUser Interface(ユーザーインターフェース)の略称で、「人と物が接触する部分」という意味です。

イメージで表すとこんな感じ。

uiux1

そのため、UI/UXと一緒に話されることが多いですが、UIはUXの一部分に過ぎません。
Webサイトを例に取った場合はどうなるかと言うと…

WebサイトのUI/UX

uiux2

Adocの場合は、サイトについての見た目がUI、サイトを見た時に抱いた感情(読みやすい、かっこいい、かっこ悪いなど)、記事を読んだ時に抱いた感情(役に立った、もっと読みたい、知ってた)、抱いた感情によって起こったアクション(自社のサイトを改善するために問い合わせしよう、自社サービスを改善しよう、もうこないよ)など、ユーザーが抱いた喜怒哀楽がUXとなります。

一般的なWebサイト、ECサイトの場合は、主目的である商品購入(梱包に工夫がされてて嬉しい、中身がぐちゃぐちゃで悲しいなど)・問い合わせ(メールの対応が早い、遅い、丁寧など)・資料請求(レスポンスが早い、送られてきた資料が分かりやすいなど)などの全ての対応においてユーザーが抱いた感情がUXとなります。

UXの向上はユーザーのコンテキストを理解することから始まる

UXの向上が提供サービスの評判を生み、良いクチコミやリピーターを産み、売上がアップするという流れは疑いありません。

UXの向上=ユーザーに良い感情を持ってもらうことなので、提供するサービスやアフターフォローの質を高めることは勿論ですが、ユーザーの評価は人によってそれぞれです。
そのため、自分が提供しているサービスはどういったユーザーに対して質が高いのかを考える必要があります。

お腹が空いている時は飲食店に対して魅力を感じますが、お腹がいっぱいの時は魅力を感じません。
ある特定のシチュエーションにおけるユーザーの一連の行動(あるいは生まれた感情)をユーザーのコンテキスト(文脈)と呼びます。出会いのストーリーみたいなもんですね。
これを理解することで、的外れではない企画を考え実行できるようになります。
サービスが提供した理想のストーリーを考えて、それを実現するために逆算するのも良いかもしれません。

例:Adocが考える理想のストーリー
中小企業のWebマーケティング担当者に任命された未経験の若手社員が、
マーケティングなどの専門用語をググってみたらAdocにたどり着いて、
知識がついて実践していく内に、所属している企業の収益がアップして嬉しい!

というのが理想的な流れですね。
実現するためには、充実したコンテンツ(記事数、記事ジャンルの豊富さ、読みごたえのある記事内容)とクリック(タップ)しやすいサイト、問い合わせに対しての迅速な対応が必要になってくるわけですね…。がんばります。

ビジネスに活かすにはどうすれば良いか

自社よりも検索上位、シェア上位である競合の商品・サービスを実際に購入・享受した上で、競合がどのようにユーザーとの接点を持っているか(Webサイト、梱包方法、同梱物、DMの内容・頻度、メルマガの頻度・情報量、SNSへの誘導方法、SNSでのコミュニケーション頻度・方法)等をユーザー目線で感じることでUI/UXの調査をすることで、自社に活かせる部分は必ず見つかります。

それぞれのタイミングで接する部分(UI)があるため、どのタイミングのどのコミュニケーション(あるいはコミュニケーションツール)が心地よくて、どのタイミングのどのコミュニケーション(あるいはコミュニケーションツール)が不快だったのか、を覚えた上で自社がユーザーと行うコミュニケーション(あるいはコミュニケーションツール)を再確認すればどの部分が優れていて、どの部分が劣っているかも分かるはずです。

改善して更なる成果に繋げましょう。

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense