Googleサーチコンソールって何ができるの?登録方法と使い方

Googleサーチコンソールは、サイトの問題点を教えてくれたり、ユーザーのニーズが分かったり、Googleにインデックス(覚えてもらう)させるためのツールがあったりとGoogleアナリティクスと一緒に登録した方が良いツールです。今回は登録方法と使い方をご紹介していきます。

サーチコンソールへの登録

以前はウェブマスターツールと呼ばれていました。サイトのオーナーであることがこのツールを使うことの前提なので、FTP情報を知っている必要があります。まずはGoogle Search Consoleへアクセス。

google20

自社ウェブサイトのURLをウェブサイトと書いてある右側に記入して、プロパティを取得をクリック。

サイトオーナーの証明

①に書いてあるHTML確認ファイルをダウンロードして

google21

FTPソフトを使用してアップロード

google22

書かれてあるURLをクリックするとgoogle…といった文字が表示されるので、確認できたら、②の私はロボットではありませんをクリックした後、確認ボタンをクリック。

オーナーであることが確認

google23

続行をクリックするとダッシュボードに入れます。

Search Consoleの使い方

ダッシュボードにはGoogleからサイト改善の様々なヒントが書かれています。

google25

新しい重要メッセージ

Googleからのメールです。サイトの構造的な部分などを指摘してくれます。

現在のステータス

クロールエラーや検索アナリティクスについて「データがありません」と掲載されていますが、隣に考えられる理由というリンクがありますね。本記事を書いているのはベーシック認証※をかけているため、エラーが出るのは当たり前なのですが、それ以外の場合についても気づかなかった間違いを教えてくれます。

※ベーシック認証…サイトにログインIDとパスワードをかけて関係者以外が見れないようにする方法です。サイト公開前によく使われる手法です。

サイドメニュー

検索での見え方、検索トラフィック、Googleインデックス、クロール、セキュリティの問題、その他のリソースとありますが、それぞれの機能を見ていきましょう。よく使う機能のみご紹介します。

検索での見え方

構造化データ、リッチカード、データハイライター、HTMLの改善、Accelerated Mobile Pagesの5つの項目があります。それぞれ専門的な観点から問題点を指摘してくれる項目ですが、改善のためには専門知識が必要になります。Web専属でやっている場合以外は、問題点を把握するに留めておいた方が無難かと思います。

検索トラフィック

検索アナリティクス、サイトへのリンク、内部リンク、手動による対策、インターナショナルターゲティグ、モバイルユーザービリティといった6つの項目があります。検索アナリティクスとサイトへのリンクがよく使います。

検索アナリティクス

Google Analyticsで分からなかった部分(not provided)がここを見ると、ある程度分かるので、このメニューが一番閲覧頻度が高いです。

google26

クエリ(要求=ユーザーのニーズ)を選択すると、下の部分にユーザーがどういったキーワードでサイトにきたのかが表示されています。ページを選択すると、クリックされているページ順に並びます。

サイトへのリンク

どのサイトからリンクされているのかを確認することができるメニューです。

Googleインデックス

インデックスステータス、ブロックされたリソース、URLの削除という項目があります。インデックスステータスがよく使います。

インデックスステータス

google27

インデックスされているファイル数が表示されます。これが公開しても0のままだと、インデックスされていない状態となっています。
インデックスされない理由としては、

  • robots.txtで”disallow”になっている。(”allow”へ変更すれば改善します)
  • metaタグでnoindexになっている。(削除すれば改善します。)
  • WPの場合、サイトをインデックスしないようにするにチェックが入っている。(チェックを外せば改善します。)
  • 作成したばかりで、インデックスするためのクローラーが来ていない。(Fetch as Googleを使えば改善します。)

などが考えられます。Fetch as Googleは次項のクロールの中に入っているメニューなので、次の項目をご確認下さい。

クロール

クロールエラー、クロールの統計情報、Fetch as Google、robots.txtテスター、サイトマップ、URLパラメータといったメニューがあります。Googleはインターネット上のWebサイトを収集して巨大な図書館のようなものを作っているのですが、本(ページ)の収集をクローラーというプログラムに任せています。このメニューは、収集されているか、またクローラーに「ウチのサイトも収集して下さい」とお願いすることができるメニューです。

クロールエラー

PC、スマートフォンでのリンク切れを見つけることができます。エラーの内容も分かるので、対応しましょう。

クロールの統計情報

1日当たりのクロールされたページ数など、クローラーの働き具合を見ることができます。頑張ってるなーくらいで特に見る事はありません。

Fetch as Google

google30

クローラーにインデックスしてもらうために使うツールです。サイトや新しいページを作って間もない時期や、コンテンツ数が少ない時期はこのツールを使うとインデックススピードが上がります。インデックスして欲しいURLを打ち込んで取得をクリックするとクローラーへのリクエストが届きます。

robots.txtテスター

前項で説明したインデックスされない理由の内のrobots.txtに書いてあることが分かります。robots.txtはクローラーに対しての指示のようなものです。通常のサイト閲覧者が見ることはほぼありません。

サイトマップ

sitemap.xmlを作って、クローラーにサイト内を見てもらいやすくします。サイトマップはサイトマップ自動作成ツール(http://www.sitemapxml.jp/)などを利用すると簡単に作れます。

URLパラメータ

あまり使いません。

セキュリティの問題

ハッキングされた場合などにこちらに警告が出ます。私は出たことが今の所ないので、気にしたことがありません…。

その他のリソース

Googleから様々なツールが提供されています。Google マイビジネス、PageSpeed Insights、あたりは使用頻度が高いですが、最初の内はこういったものがあると把握しておきましょう。

構造化データ テスト ツール

構造化データ テスト ツールを使用すると、構造化データ マークアップが正しく解析され Google の検索結果に表示されるかどうかを確認できます。

構造化データ マークアップ支援ツール

HTML に構造化データ マークアップを追加する場合は、簡単なマウス操作によるこちらのツールをお試しください。

メール マークアップ テスター

メール マークアップ テスターを使用して HTML メールの構造化データ コンテンツを確認します。

Google マイビジネス

Google 検索、Google マップ、Google+ にビジネスの情報を無料で掲載できます。

Google Merchant Center

ここから Google に商品データをアップロードすると、Google ショッピングや Google のその他のサービスでこのデータを利用できるようになります。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights を使用すると、すべての端末でウェブページの読み込み時間を短くする方法がわかります。

カスタム検索

Google 検索を基に、ご自身のウェブサイトに合ったオーダーメイドの検索環境を実現します。

Google Domains

Google Domains では、ドメイン名を探してウェブサイトを作成できます。

ウェブマスター アカデミー

質の高いコンテンツを提供する魅力的なウェブサイトを作成して Google 検索に掲載する方法を学習できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。Search Consoleは使いこなせれば強力なツールになります。特にサイトを公開したばかりの時には、sitemap.xmlの送信、Fetch as Googleでのクローラーへのリクエスト、robots.txtテスターでの現状の確認など、確認することが多いです。インデックスされなければサイトが検索結果に表示されることはありません。ツールを利用して売上を上げましょう。

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense