【西中島南方】世界が麺と味噌で満ちる時さんにいってきました【味噌ラーメン】

大阪ラーメン激戦区の西中島エリアの中でも印象的な名前のラーメン店である「世界が麺と味噌で満ちる時」さんで、カボチャ×味噌のカボソーを食べてきました。

「世界が麺と味噌で満ちる時」さんは、阪急淡路駅にある醤油ラーメンの人気店「世界が麺で満ちる時」さんの二号店として出店された味噌ラーメン専門店です。

【淡路】世界が麺で満ちる時に行ってきました【醤油ラーメン】

オーナーは「人類みな麺類」さんで修行して独立したとのこと。

店舗地図

西中島南方駅なら北出口、新大阪駅からだと中央出口から出て徒歩5分くらい。

店舗外観

外観はこんな感じ。マンションの1Fなので看板がなければ見逃してしまいそう。

店内に入るとB’zのZEROがかかっています。たぶんエンドレス。
店内はコの字になっているカウンター10席ほどとテープル席が4,5卓ほどありました。
コの字の中はキッチンなので調理している風景がよく見えます。

メニュー

メニューは味噌ラーメン「ZERO」、海老の味噌ラーメン「EBE THERE」(エビーゼアー)、かぼちゃ味噌ラーメン「KABOSAUR」(カボソー)、ピリ辛トマトラーメン「BURN」(バーン)、貝の赤味噌ラーメン「RED」と種類も豊富。
今回はカボソー(900円)を注文しました。注文してから5分ほどで着丼。

カボソー(かぼちゃ味噌ラーメン)

鶏と豚のレアチャーシュー、かぼちゃの薄切りが2枚ずつ、メンマが4本、細切りネギと黒胡椒が彩ってます。

スープは西京味噌と裏ごししたカボチャを合わせたスープ。
とってもクリーミーで、パスタのクリームスープの方が近いかもしれません。

麺はスープのか柔らかめの中細平麺。ツルっとしたのどごしで、スープによく絡みます。小麦の香りは強くないので、クセの少ない麺ですね。

鶏のチャーシューです。
1cmくらいの厚さでしっとり柔らかくて淡白な味なので、舌をリセットする時に食べるのがいいかも。

豚のレアチャーシュー。
肉の旨味を感じるので、1枚はそのまま、もう1枚はスープに絡めるか麺を巻いて食べるのがおすすめ。

かぼちゃは煮崩れるほどではないので、蒸したものかも。
味が上品で全体的に完成度が高いラーメンですが、麺量が少なめなので男性は大盛り(+100円)かサイドメニューのチャーシュー丼(300円)か、ご飯(150円)を頼んだ方がいいかもしれません。
使用しているスープと合わせる味噌がラーメンによって変わるので、他のメニューも試してみようと思います。

ご馳走様でした。

店舗データ

世界が麺と味噌で満ちる時
住所:大阪市淀川区西中島5-2-7スターマイン新大阪1F
TEL:06-6307-0355
営業時間:昼11:30~14:00 夜18:00~22:30(なくなり次第終了)
定休日:日曜日

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense