【西中島南方】時屋さんに行ってきました【つけめん】

西中島駅から北東にある片側3車線ずつの大きな通りにある高架の手前にあります。
個人的にはラーメン派でつけめんはないわーと思っていたのですが、初めて美味しいと思ったつけめんのお店でもあります。

店舗外観

店舗の隣が製麺所になってます。

入って右側にある券売機。上にはメニューの写真、右側には食券のないトッピングのメニューが載ってます。

メニューは豚つけ、鶏つけ、辛つけ(鶏ベース)の3種類。
麺の量は並が200g、大盛300g、特盛350g。
スペシャルはいわゆる「全部のせ」、大盛までは同料金なのでちょっとお得です。

食券にないトッピングと追加注文できるメニュー。
つけ汁が先になくなることはほとんどないはずなので、豚つけを頼んで、鶏つけを頼むみたいな感じなんですかね。
やったことがないんで分かりません。

店内の様子はこんな感じ。
シックなバーみたいですよね。
テーブルも一枚板なのでいい感じ。
カウンターでも椅子を詰め込み過ぎていないので、隣に誰かきてもぶつかることはありません。

頼んだのは豚つけ特盛(980円)。
つけ汁の丼が並・大盛のつけ汁の丼に比べて一回り大きいので汁の量も増えてると思います。

アツアツのつけ汁の中には角切りされたバラチャーシューとメンマ、小口切りされたシャキシャキのネギが入ってます。
スープとソースの中間くらいの濃厚さ。
豚骨+魚介のスープで豚骨の臭みは全くありません。
香りは魚粉の香りで豚の旨味がガツンときます。

麺は割りばしより一回り細いくらいの中太麺。
濃厚なスープなので、麺の3~4割をつけ汁につけて食べると丁度いい美味しさになります。
スペシャルみたいにトッピングが他にあれば比率を変えてもいいと思います。

つけめんと言えば「スープ割り」で残ったつけ汁を割って飲むんですが、時屋さんは〆ご飯が付いてきます。
麺を食べ終わる少し前に「〆ご飯ください」とオーダーしましょう。
〆ご飯はアイスクリーム大のご飯の上に梅ペーストを置いて周りに和出汁を張ったものです。

魚介系の上品な和出汁の上につけ汁をかけて〆ご飯にします。
レンゲに2杯くらいだと半々くらいの味になります。

つけ汁をかけた後はこんな感じ。
梅があっさり食べさせてくれます。
ごちそう様でした!

また、時屋さんには麺が温かい「あつもり」がありません。
理由としては、ラーメンは「塩味」で味の輪郭を出すけど、つけめんは「酸味と甘味」で味の輪郭を出すので似てるようで違う食べ物。
酸味と甘味を感じるためには温度が大事。
冷たい麺と熱いつけ汁が合わさると、口の中で一番美味しい温度になるのであつもりはやりません。
という感じです。
原文は下記

麺をつけ汁に全部つけることを「どぶ漬け」って言ってるんだと思うんだけど、あんまり綺麗な表現じゃないっすね…。
豚つけはどぶ漬けすると食べ切る前につけ汁がなくなる&めっちゃ濃いので食べ切れないと思う。
食べて欲しいやり方を推奨するために濃度を調整しているんだとしたら凄いですな。

店舗データ

時屋
住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-1-4 1F
TEL:06-6829-7676
営業時間
平日 昼:11:30~15:00(L.O14:50)夜:18:00~23:00(L.O22:50)
土・日・祝 11:30~23:00(L.O22:50)
席数:15席(カウンター7席、テーブル8席(4名テーブル×1、2名テーブル×2))
定休日:なし

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense