Webサイトを作る時に使えるWebサービス6選!

Webサイトを作りたいものの専門知識がない。また、制作会社に頼む予算もないという場合は、Webサイトを作成するサービスを使ってサイトを作るのも1つの方法です。今回はWebサイトを作る場合とECサイトを作る場合に使えるサービスを6つご紹介します。

無料プランと有料プランがあるタイプ

無料プランと有料プランの違いは、1.他社の広告が表示されるか、2.独自ドメインを使用できるかできないか。3.様々な制限がある(データの転送量が違うなど)。有料プランになると広告が非表示になり、独自ドメインが活用できるようになります。

Weebly

サイトURL:https://www.weebly.com/jp

weebly

Weeblyは高品質なウェブサイト、ブログ、オンラインストアを驚くほど簡単に作成できるようにします。4000万人以上の人々がWeeblyを使って、独自のアイディアを実現しています。

個人:8$/月
中小企業・ストア:25$/月

Wix

サイトURL:http://ja.wix.com/

wix
Wixで無料ホームページを作成しよう!簡単ウェブサイトビルダーで自由にカスタマイズ。プログラミングは一切不要。自分だけの素敵なホームページをデザインできます。

個人向け:841円/月
ビジネス向け:1266円/月
EC用:1641円/月

Jimdo

サイトURL:https://jp.jimdo.com/

jimdo
無料ウェブサイトビルダー Jimdo で簡単ホームページ作成。ホームページをクリック&タイプで作成でき、HTMLなどの専門知識やサーバーは不要です。「クラウドWebサイト作成ソフト シェアNo.1」に選ばれました。

jimdoPro(個人向け):945円/月
JimdoBusiness(ビジネス向け):2415円/月

STORES.jp

サイトURL:https://stores.jp/

stores
インターネットの知識がない方でも簡単に、無料でネットショップをつくることができるサービスのSTORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)。自分だけのネットショップ/オンラインストアを最短2分でつくって、商品を販売しましょう。

無料プランの場合は商品点数は5つまで。月額980円で商品点数が無制限になります。

※クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、翌月後払いでは決済手数料5%が発生。
※コンビニ決済では、別途支払手数料200円(購入者負担)が発生。

販売毎に費用が発生するタイプ

独自ドメインの使用は可能で、月額費用も発生しません。販売時や売上金の引き出し時に費用がかかるタイプです。

BASE

サイトURL:https://thebase.in/

base
ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。

注文ごとにBASEかんたん決済手数料、振込申請ごとに振込手数料・事務手数料がかかります。コンビニ決済 (各注文ごとに)は3.6%+40円、銀行振込決済・クレジットカード決済・後払い決済 (各注文ごとに)は6%の手数料が発生。

ショップの売上金を引き出すための手続きに、振込手数料(250円)、事務手数料(※)の2種類の手数料がかかります。

*事務手数料
振込申請額によって異なります。
・振込申請額が2万円未満の場合→500円
・振込申請額が2万円以上の場合→0円

基本的には無料のタイプ

自分で作成する場合は無料ですし、月額費用も発生しません。ただ、カスタマイズには知識が必要になります。また、有料テンプレート(枠組み)なども販売しているので、購入した場合は費用がかかります。

WordPress

サイトURL:https://ja.wordpress.org/

WordPress
WordPress 日本語ローカルサイトへようこそ。

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。WordPress を使って、思い通りにカスタマイズしたブログサイトを作り上げてみませんか。

当ブログもWordpressで作成しています。様々なプラグイン(拡張機能)があり、こちらも無料で使用できます。ECサイトを作成する場合はWoocommerceとWelcartというプラグインを使えばECサイトを作成することができます。

Woocommerce

woocommerce

海外で作られたカートシステムで、これだけの機能がついて無料なのは凄いと思います。日本語化させるプラグインもありますが、和訳が間違っているのか意図しない挙動を示すのはご愛敬。提携している支払い代行会社(ペイメントサービスといいます)を選べば使用は快適です。また、後払い決済というものは海外には存在しないらしく、日本語化プラグインにも存在しません。以前カスタマイズしましたが大変でした…

Welcart

welcart

日本人が作ったカートシステムです。Woocommerceに比べてカスタマイズしなければならない部分は少なめなので、お菓子屋さんや小規模なECサイトを制作する場合はこちらのカートシステムで十分使えると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。独自に制作する方が自由度が高いため、勿論オススメですが、予算がかけられない場合でもWebサービスを利用すれば高品質なデザインのサイトを持つことができます。Webサービスで作成する場合でも、独自ドメインかつ有料プランで運用することをオススメします。

The following two tabs change content below.
大阪在住のWebディレクターです。 食べ歩きとスーパー銭湯巡りが趣味です。 コメントや問い合わせをもらえると喜びます。
スポンサーリンク
adsense




adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense